iPadをLINEモバイル(格安SIM)・ドコモSIMから「ソフトバンクSIM」へ変更、快適になりました!

こんにちは。Oyajin(@hub11)です。

Oyajin

格安SIMのLINEモバイルは金額は安いし、データフリーでパケット量は満足しているけど、速度が遅いと思いませんか?
私は10.5インチiPadProはSIMフリーモデルを利用しています。 すべてのキャリアを使用できますので、今回はLINEモバイルのドコモSIMからSoftBankのSIMに変更しました。

その速さに満足!!その内容を紹介しますね。

切替方法

10.5インチiPadProは今までLINEモバイルのドコモSIM データプラン1GB(月額620円<税抜>)契約していました。

すでに契約済みで通常の音声SIMであればLINEモバイルの管理画面から変更ができますが、データSIMはそれができませんので、管理画面から新規に契約をする必要があります。

新規にすると最初の登録手数料が1,000円高くなります。

記事を書きながら気がついたのですが、新規だと次のエントリーパッケージ購入(SIMは同梱していません)したほうが安くなります。日数はそのぶんかかります。

iPhone XのLINEモバイル音声通話SIMはこのエントリーパッケージで利用開始しましたので、以下の記事を参考にしてください。

【通信費の節約】メイン端末のiPhoneをLINEモバイル音声通話SIMにしましたよ

データSIM変更の流れ

  1. SoftBankのSIM新規契約
  2. SIMが届いたらiPadにSoftBankのデータSIM設定
  3. ドコモSIMの回線廃止

設定方法はLINEモバイルのサイトで「LINEモバイル 開通」のキーワド検索で確認ください。設定作業は10分程度で完了します。

速度・計測結果

速度計測に使用したアプリです。

Speedtest.net Speed Test

無料
(2018.08.17時点)
posted with ポチレバ

▼SIM交換するまえのドコモの速度です。スマホの利用が混む昼食時間帯12時25分です。ダウンロード約1Mbps アップロード5Mbps、通常の格安SIMだとこの程度の速度で遅くなります。

文字だけだと問題ないのですが画像等を含むと遅く表示されます。

▼SoftBankのSIMに交換後の12時34分の速度です。なんとダウンロードが約20Mbps、アップロード5Mbpsもでてます。

ダウンロードがホームページを観るさいに影響する速度で2Mbps以上あれば普通ですので十分ですね。

▼夕方17時42分 通勤時間で混み始めます。ダウンロード13Mbps、アップロード3Mbps、ダウンロード速度が落ちましたが十分です。

夜の10時頃が遅さのピークとなりますが、後日掲載します。私の環境では自宅では光回線を利用しているので、通常この時間帯体はSoftBankは利用していません。

良かった点

  • 通常ドコモSIMであれば遅い時間帯に速度がアップしました。
  • 速度1Mbps以上キープ*チャレンジキャンペーン(キャンペーン終了)があります。
*1Mbps以上キープしたら毎日抽選でプレゼントがあり、1Mbps以下になったら1GBもらえる。

気になる点

  • 2018.7.2よりSoftBankのSIM提供開始で今後ユーザが増えたらスピードが遅くなると思いますが、多分ドコモユーザよりSoftBankユーザが少ないので同等以上はでるでしょう。
  • 利用できるエリアがドコモ回線に比べると狭くなるので山間部は厳しいでしょうね。

まとめ

iphone X(LINEモバイル ドコモSIM)で利用して遅い場合は10.5インチiPadProを利用します。 10.5インチiPadProが一番はやい端末になるので外出時にMacbookAir13を使用する場合はをデザリングで利用していきます。

Oyajin

格安SIMで遅さが気になる方、SoftBank端末か私のようにフリーSIM端末をお持ちの方の参考になれば嬉しいです。

格安SIMになされてない方、興味がある方は以下のまとめ記事を参考にしてくださいね。

「格安SIM」mineo、LINEモバイル、関連記事のまとめ それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください