【通信費の節約】の一歩!格安SIMのmineo(マイネオ)に変更で分かったこと ポケットWi-Fi編

こんにちは。Oyajin(@hub11)です。

スマホ料金を安くできる格安SIMに興味があったのですが、通信速度が遅くなるからと先延ばししていたら、先週、友人が私に自慢気に格安SIM入れたiPhone5Sを見せてくれました。

確かに!少し遅い(80%程度)かも?程度でホームページを見るには問題ないじゃん!

速度が体験できたので、早速その翌週に私のポケットWi-Fiを格安SIMのmineo(マイネオ)にしました。

それではポケットWi-Fiを格安SIMにして分かったこと、メリットを説明します。

mineoを選んだ理由

ネットで色々調べ、格安SIMの種類がたくさんあるなかで選んだのはmineo、次が選んだ主な理由です。

  • iPhoneでの利用で好評
  • SIMフリー端末でなくてもよい。docomo端末、au端末で利用ができる。
  • mineoのサイトで私のポケットWi-FiのWi-Fi STATION(L-01G)動作確認ができた。
  • mineoのサイト掲示板やQ&Aでユーザのトラブル対応や情報交換が活発!情報が充実して、速度が低下する時間帯や専用アプリ等の事前把握ができた。
  • 動作確認ができて、ある程度の速度がわかれば、あとは早く入手して試したい!沖縄に店舗があり、契約手続き後、1時間半程度でSIMが手に入ります。

ポケットWi-Fiの利用について

屋外で9.7インチiPadPro(Wi-Fiタイプ)とMacBook Air13を利用するときにはiPhone6sPlusのデザリング機能でサクッとWi-Fi接続してもよいのですが、

長時間利用する時はiPhoneのバッテリーも消耗しますし、充電しながら利用するとバッテリーに負荷をかけるので、よくありません。

docomo Wi-Fi STATION(L-01G)はバッテリーの消耗をおさえる機能があって、電源を入れっぱなしにしてもほぼ1日は持ち、自宅の光回線でWi-Fiを使っているように常時接続した状態で使えます。

あると便利ですし外泊する機会が増え、利用頻度があがりパケット量が増えてきました。


メリット

データ通信のみ・音声通話なしだと価格が安い!

  • 3GBで900円(消費税別)事務手数料2,000円(店舗購入時)
  • 最低利用期間がありません。
  • 解約金が発生しません。
  • 低速でもメールやテキスト主体のサイトだと問題ありません。
  • 他社もデータ通信のみであれば、解約金がかからないしくみが多く、mineo以外も試すことができます。

docomo回線利用で同じエリアで安心

iPhoneでWi-Fi接続して低速〜高速の程度、mineo専用アプリの利用方法がわかります。

デメリット

  • 格安SIMの特徴ですが、利用が集中する時間帯はmineoだと昼間12時〜13時頃や夜間は回線速度が低下します。
  • docomo回線の解約で端末の故障は個人対応になります。
  • 自分でSIM交換や設定が必要です。

iPad・MacBook Airでの利用

私は価格優先でデメリットよりもメリットが大きい!

デメリットの夜間は自宅が光回線のWi-Fiを利用しますので影響がありません。
外出先で遅くなる時間帯は割り切りる!完璧をもとめないことにしました。

まとめ

iPhoneの電話番号をそのまま使える契約(MNP)だと利用開始翌月から1年以内に解約したら、MNP転出手数料が1万円程度でますので、まずは解約金が発生しないポケットWi-Fiから格安SIMにしました。

今回で私の通信環境がオーバースペックと考えがかわりました。

家族全員で年間10万円以上は節約できそう!今後は他の格安SIMも調べながら切り替えていくことにします。

格安SIMを検討されている方の参考になればうれしいです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。
「格安SIM」mineo、LINEモバイル、関連記事のまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください