【糸満】カフェのような「糸満漁民食堂」イマイユのバター焼きがオススメ!

こんにちは。Oyajin(@hub11)です。
沖縄那覇空港から海を右手に眺めながら約20分程度で着きます。

食堂といってもカフェみたいな糸満漁民食堂を紹介しますね。

「糸満漁民食堂を紹介」の場所と外観

ランチの時間は並びますが、白い琉球石灰岩の壁、壁新聞をみながら待ちます。

「糸満漁民食堂」店内

内装も白い琉球石灰岩で統一されカフェのような空間のお店です。

「糸満漁民食堂メニュー」

私はランチとディナー別の日に行き、メニューも違うことが分かりました。

▼ランチのメニューは撮りそびれたのでパンフレットのメニューです。

イマイユ(方言)とは「鮮魚」のことなんですよ。

魚も何種類もあって時価になります。


注文の品 

ランチ 

▼こちらがオススメのバター焼き定食です。魚の名前忘れてしまいました。

▼まずは前菜で刺身が出てきます。

この店で販売されている「しびれ醤油」でいただきます。

花椒が入っていて、果皮を乾燥させた香辛料、ピリっとした辛みに、口の中が痺れるような感覚です。通常の醤油とは異なりクセになる味です。

▼この味を気に入り600円(税込)で購入して帰りました。

▼一匹まるごと頂け、その大きさにビックリします。

3種類のバターソース、アーサバター、豆腐餻バター、うっちんバターから選べます。

アーサバターソースを注文しました。

▼まるでステーキのように鉄板でグツグツと食欲をかきたてられます。

目を別に唐揚げ、のっかっていて食べられます。

▼妻が注文したグルクン定食、こちらもカラッと唐揚げされて骨まで食べることができます。

▼食後のデザートのきな粉がのった黒ごまアイスがアッサリで美味しい!

ディナー

ビールに泡盛のアルコール類もありますので、つまみ系のメニューもあります。

ディナーはビタロー(方言)フエダイのイマイユのバター焼きを頼みました。

▼前菜の①んちぇー②海ぶどうとイカのシークワーサ③まぐろの粒こしょう焼きです。

▼ランチ同様にガーリックのかおりが香ばしく家族で味見をしながら食べました。

▼同じくビンタローのマース煮、トマトが入っているマース(塩)煮は初めて食べましたが、アッサリして美味しかったです!

お酒のつまみの注文品です。

▼刺身盛り合わせ

▼野菜盛り合わせ

▼島豆腐

糸満漁民食堂詳細

営業時間: 11:30 〜22:00

ランチ:11:30〜15:00

ディナー:18:00〜22:00

定休日:火曜日

住所:901-0306 沖縄県糸満市西崎町4-17

電話番号:098-992-7277

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 糸満市

沖縄グルメまとめ

まとめ

ランチは並びますが、ディナーでは並ぶことがありませんでした。

沖縄で新鮮な魚が食べたくなった時、静かなムードでゆっくりと食事をされたい方にお勧めです。

国道331号線から中に入りますので車を利用された方がよいですね。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください