「反省記事」中年おやじが体調不良時に対処した3つの事

こんにちは。Oyajin(@hub11)です。

会社を休んで寝込むほどではありませんが、今までと違った感覚で、2ヵ月前からランニングでも身体が重い、集中力が続かない状態が続いていましたが、

集中力が少しずつ戻って、やっとブログの記事が書けるようになってきました。

体調不良時に対処した3つの事を書きます。

原因の確認

歳のせい?病気?最初は少し落ち込んでいましたが、体重は特に変動はないし、

血圧は寝起きに計って記録しているのですが、特に問題はありませんでした。

それでもランニングウォッチで心拍数を計ると軽めに走っても調子が良かった時期より、脈拍が高くなっていました。

ある朝、アプリで睡眠状況を見ていると、

なんと!目に飛び込んできたのは、

睡眠が不規則になってます。

のメッセージです。

アプリの機能のためマニュアルにも掲載されていません。

私の感覚で、目が覚めるのだから身体はOKだよね!!

まるで遠足の日に早く起きるように(笑)朝活でブログ記事や家事をしていたら、睡眠時間が5時間程度になっていました。

過去のブログで書いていたこととは違って、生活リズムやルーティーンがしだいにずれていました。

注意
ランニングウォッチGARMIN ForeAthlete 235J の睡眠データです。 深い睡眠4時間を体調的にいい目安としています。トータル8時間睡眠はながいですね。実際は7時間程度です。

NewImage

注意
4時間30分程度しか寝れていませんし、深い睡眠時間も1時間ちょとです。確かこの日にメッセージが出たと思います。

NewImage

まずは、睡眠時間を7時間以上をキープ、一つずつ生活のリズムを整える!

8時間睡眠の人に対して 6時間睡眠 、 4時間睡眠の人は日を追うごとに悪化しました 。 6時間の睡眠でも認知機能の低下が認められるのです。引用 神・時間術

  1. 朝活を続けるのであれば早めに寝る。 
  2. 目が覚めても横になっている。
  3. 睡眠の質をあげるために寝るまえの食事、アルコールに気をつける。

大反省です!

「朝活」して身体を壊すなんて、洒落にならないギリギリセーフです。またこの機会に深い睡眠(レム睡眠)を上げるにはどうするべきか、よく考えてみます。


動の趣味

カメのように少しでも動き続ける!

ランニングについては、

  1. ワンコを連れてウォーキング
  2. ジョギング&ウォーキング

を30分程度の時間を原因を考えながら続けていました。

また身体を一度シャットダウンして電源入れなおしたときに何をする?的な発想も出てきました。

今年の目標、12月のNAHAマラソン(42.195km)は完走ではなくハーフを目標にする(笑)。練習でジョギング&ウォーキングでハーフ以上を走れるようにする。

弱気だと思いますが、ゼロからのスタート宣言です。

静の趣味

平日の休憩時間は寝られなくても30分の仮眠(目をつぶる)

スマホもできるだけ見ないようにしましたが、気が滅入るのもいやなので、

取り敢えず、好きなことをする!!

ということで隙間時間でできることをしました。

  1. 1日15分程度の読書で何冊かの電子書籍を併読。
  2. ツイッターで私のスタイルは何か?を軽く考えながら、なんとなくつぶやく。
  3. これまで過去に撮って保存しているGooglegフォトを眺めて癒しの写真を直感で選んでInstagramにちょっとコメント入れて投稿。
  4. 大まかに分かれていたブログのカテゴリーの整理

記事までは書けなかったけど結構できるているじゃないですか!肩の力が抜けて気分転換ができました。

まとめ

やっぱり睡眠時間は大事!

若いころのように無理がきかないですね。

疲れたらやめて、ちょこちょこ好きなことを続ける、隙間時間を利用するコツが分かりました。

こんな失敗はしないようにしましょう(笑)。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください