\ 最大10%ポイントアップ! /詳細を見る

2023年9月首里城の現在: 素屋根内部、復元途中の正殿を間近で見学、見どころを紹介|那覇市|

こんにちは。首里住まいのジッジ(@hub11)です。

琉球王国の栄華を象徴する首里城。一度は焼失しましたが、その後の復元と再建により、再び人々の目を楽しませています。

ジッジ

今回は素屋根の中で復元途中の正殿を間近で見学できるイベントに参加しました。

期間:2023年9月9日(土)~10日(日)見学時間約15分
場所:素屋根内部(通常は入場できないエリア)
料金:イベント自体は無料でしたが、復元工事区域の素屋根は有料エリアになり入場料は必要でした。

イベントと復元途中の正殿の様子の紹介とその他首里城のみどころを紹介しますね。

首里城の特色を最大限に活かしたイベントや、思い出に残る写真撮影のチャンス、お土産選びの参考にもなる情報を詰め込んだ、首里城をお楽しみください。

首里城の概要が必要ない方はイベント内容記載の「首里城の魅力と特色」からお読みください。

目次

2023年8月設置の素屋根(すやね)とは

2023年8月26日から復元中の首里城正殿を覆い、雨風から守る仮設設備「素屋根(すやね)」公開され、窓越しに正殿を見ることができるようになりました。

のちほど紹介する園比屋武御嶽石門横、右の歓会門まえにして、その後ろに素屋根がみえます。

ちかくから撮影すると城壁の高さから素屋根の大きさがよくわかります。

首里城についての総合情報

首里城について紹介します。詳細は首里城公園の公式ウェブサイトをごらんください。

首里城の歴史

沖縄の歴史と文化を象徴する首里城。その歴史は約600年前、琉球王国の時代にさかのぼります。
宮之懸を初めとする6つの棟で構成された絢爛豪華な首里城は、国際的な交易の中心地として繁栄を極めました。
国王や王族、そして外国の使節たちをもてなす場として、数々の歴史的出来事が幕を開けました。
また琉球王国の首都として、政治の中心でもありました。
戦後は、沖縄の文化を引き継ぎ伝える象徴的存在となり、その価値は世界遺産にも認められました。

首里城の建築

首里城の建築は、東アジア建築の特徴を色濃く反映した独自のスタイルが魅力であり、琉球独自の文化に加え、中国や日本の伝統的な要素が見受けられます。

琉球石灰岩を加工して、ゆるやかなカーブを描いた城壁は美しいかぎりです。

また紅瓦が用いられた屋根、清雅で美しい彫刻、そして大屋敷の庭園などは、訪れる者たちの目を惹きつけます。

首里城の位置

首里城は、日本の南端、沖縄県那覇市に位置しています。首里の盆地に広がる広大な敷地内に立つ首里城は、最も高いところで海抜約130メートにあり、一望できる東シナ海の絶景も見どころの一つです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事が役に立ったらご紹介ください!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

沖縄在住、1960年生まれの60代、技術系サラリーマンで孫からジージと呼ばれているので名前がジッジ
愛車スペーシアベースが書斎・ドライブ・旅やキャンプ好きが使うガジェット、沖縄ネタを紹介します。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次