【沖縄・本部町】亜熱帯茶屋、絶景オーシャンビューでアジアン料理を目と味で楽しむカフェ

こんにちは。Oyajin(@hub11)です。

2015年に開店したお店でまだ知名度もそれほど高くないと思いますが、2度目の来店でアジアンチックな料理と店内、外での眺めがお気に入りのカフェです。

孫を連れていたので幼児用の食事パックをテーブルに置いていたら、オーナーが温めましょうか?と気を利かせてくれました。

Oyajin

店内は完全禁煙、子供連れにも優しく安心して行けるカフェです。それでは早速紹介しますね。

亜熱帯茶屋の場所

海洋博記念公園から車で約15分、国道から高台のカフェまでは細い道が続き不安になりますが、所々に案内看板がありますので道なりにいけば大丈夫です。

悪天候の場合は休業もあるそうです。予約はできませんので、混み具合を含め電話で確認してから行ったほうがよいです。


亜熱帯茶屋の外観

外観はそれほど大きなお店ではなく、こぢんまりとしていますし、どちらかというと地味なほうではないでしょうか。

▼入り口にはランの花が鉢に浮かべられています。この日は偶然、海洋博覧会の国際洋蘭博覧会を見たあとでの食事でしたので、そのおもてなしが余計に嬉しかったです。

亜熱帯茶屋の店内

木材がメインのタイをイメージした内装で落ち着きます。実はタイに行ったことがない(笑)

各テーブルの上にも花が一輪飾られています。ファレノプシスのランの花です。ラン好きには、たまらないですね。

部屋を囲むようにテラスがあるので、外でも食事ができます。


亜熱帯茶屋のメニュー

料理のメニュー盛り沢山のお店ではなく、カフェで軽くランチやデザートを楽しむ方向けですね。

大食漢には物足りないと思います。

11:00~14:00ランチタイムがあって食事にドリンクが付きます。

14:00以降、閉店までの価格です。

ドリンクのメニュー


実食

体が暖まる島野菜のフォーが私のお気に入りです。

▼皿の上にはトロピカルな花のランがそえられていて目を楽しませてくれます。

▼麺は薄くツルツルした食感でスープとよく絡んでくれます。シャキシャキした島野菜やモヤシとコンソメ味のスープと相性が良いです。

スープはトマトとレモンの香りがほんのり優しく、コンソメ味に酸味をきかせてます。

▼野菜だけではなく柔らかい鶏肉も入ってスープがしみて美味しいです。

▼アッサリしていますでスープまで飲み干せ満腹感があります。特に寒い冬場にオススメですよ!

▼ヤンバルハーブの鶏肉ガパオライスです。バジルのスパイスがきいた鶏肉のひき肉がライスにマッチして、おかわりがしたいぐらいです。

盛り付けも装飾でランの花やココナツの実が添えられて目も楽しませてくれます。


亜熱帯茶屋の店外

庭やオーシャンビューを楽しみながらテラスでの食事もできます。夏場は多少暑いかもしれませんが、高台ですので風通しもよいでしょう。

▼カラフルなハンモックがあり、大人もノンビリできますが、私達は孫をあやすのに利用しました。

▼クバの葉の屋根の東屋(あずまや)で寝そべりながら海を眺めることができます。冬は寒いでしょうが、夏は最高ですよね。

▼左手に瀬底島、右手に伊江島がみえます。このカウンターテーブルで注文した食べ物をバックに海にするとインスタばえするのではないでしょうか。

▼2名だけの席で静かに眺めることができます。夏は正面の伊江島の後ろに夕日が沈みますので最高なサンセットが楽しめますよ。

[亜熱帯茶屋(アネッタイチャヤ)情報]
  • 住所 沖縄県国頭郡本部町字野原60
  • 電話 0980-47-5360
  • 営業時間 11:00~夕暮れ時
  • 定休日 不定休
  • 駐車場 駐車場あり
  • 店内 完全禁煙
  • ホームページ 亜熱帯茶屋

関連ランキング:喫茶店 | 本部町

まとめ

残念ながら私が行った2日間とも天気が曇り空でした。沖縄本島北部に来たときには立ち寄りたいお店なので、好天の時の写真がアップできればと思います。

Oyajin

お店の閉店が夕暮れ時となり「夕日と海が絶景のパノラマ」それだけ眺めがすばらしいということです。

ぜひぜひ、ご来店ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください