大ピンチ!右ひざの痛みで対処したこと

こんにちは。ジッジ(@hub11)です。

10月の振り返りで、あれだけケガに注意しようと書いていたのに、NAHAマラソンまであと2週間ちょいで、まさかの右ひざの痛み発生です。その経緯と必死になってした対処方法です。

経緯

先週11月7日(月)10kmランニングの後、同週の木金のランニングで右ひざが走り始めだけ少し痛みがでてきたので、5kmジョギング程度で済ませていましたが、

11月12日(土)は一日屋外行動で、夕方から気になるほど右ひざの上内側が痛みました。

太ももを軽くマッサージして歩くと痛みがないので、アイシングレベルではないと思い帰宅しました。

7日(月)の10kmランニングから木曜日まで風呂のボイラーの調子が悪くなり、湯船に浸かれなくなってました。ストレッチはちゃんとしていましたが、その影響も出たのでしょうか?


対処

帰宅したら、Amazonで気になっていてカスタマーレビューでも好評のこの本を即購入、iPad2のkindleにダウンロード、湯船に浸かりながら読みました。

確認ポイント

全体を読み流し、今必要なポイントをチェック

①体を温めると筋肉を覆う「筋膜」が伸びる

②「ひねる」「体重操る」ストレッチ

膝の痛みは、これまでの整体でのアドバイスから、ふくらはぎか太もも(大腿四頭筋)が硬くなっているせいでしたので、

風呂上りは9.7インチiPadProのkindleを見ながら、気になっていた箇所をふくらはぎ、太もも(大腿四頭筋)のストレッチ、特に外側広筋が硬くなっていたので、ストレッチポールに横になり、ポイント②を意識して痛いところで止めて、筋膜リリース、かなり下半身が楽になりました。

11月13日(日)膝の様子をみながらCW-Xのランニングタイツを着て10kmジョギング、膝の違和感はなく普通に走れましたが、ここは無理はしないように下り坂もペースを抑えて最後まで問題なく完走しました。

前日同様に風呂後にストレッチ、外側広筋の硬さを確認しましたが、昨日の張りはなくなっていました。

再確認

14日(月)朝起きて水を飲んで血圧を測った後、足全体に軽い張りがあるため、湯船に足を伸ばして浸かる程度に湯をため、上半身が温まったら上がって、昨日と同じストレッチを軽くして出社しました。

*旅行で温泉の朝風呂は好きですが、寒い部屋から朝の高い温度での湯は体へ負担がかかるので要注意です。

自宅での朝の湯船は初めて試したことです!
出社してのラジオ体操が爽快、夕方まで快調でした。

今週、月火は用事でランニングは休養、16日、17日通常に走れました。

取りあえずピンチは逃れたようです!

週末は自分で好きなことで体を酷使、月曜日が疲れのピーク、これでケア方法が一つ分かりました。

明日は、今月最後の長距離ランニング後に整体に行きますので、今回の体験を整体師と話しながら、筋肉の状態確認が楽しみです。

まとめ

湯船の後のストレッチの効果を再確認できましたし、一時のピンチで日頃から自分の体を知ることの大切さ、ケアの方法も学ぶことができましたので良し!とします。

特に沖縄県民は冬でもシャワーで済ます人が多いです。

筋肉の硬い方、体のケアでストレッチの参考になればと思います。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください