Canon EOS M3 レンズ・試し撮り、沖縄の最北端「辺戸岬」の大海原に圧倒された!!

こんにちは。Oyajin(@hub11)です。

私も2・3年に一回程度訪れますが、ミラーレスカメラのCanon EOS M3で次の3つのレンズを使い沖縄の最北端「辺戸岬」の紹介です。

  • 超広角レンズ EF-M11-22mm F4-5.6IS STM
  • 望遠レンズEF–S55–250mm F4–5.6 IS
  • 標準ズームレンズ EF-M15-45mm F3.5-6.3IS STM

沖縄と言えばコバルトブルーの海と白い砂浜のビーチですが、ガラパゴス諸島のような大自然と大海原を身近で見る超オススメスポット!!です。

那覇市から約120kmあり、車で名護市まで高速道路を使って2時間半程度かかります。

NewImage

超広角ズームレンズ

今回はCanon 超広角ズームレンズ EF-M11-22mm F4-5.6IS STM ミラーレスだけで撮る予定でした。

NewImage

見た目と同じ、水平線が少し丸くなるのが分かります。

NewImage

前日が雨、この日は晴天、ラッキー!周りの景色も雲も心地よい気分です。

NewImage パノラマ的に撮れます。 NewImage 海の青さの変化も好きなんです。 NewImage パースといって被写体が大きく撮れます。これから撮りたい構図です。 NewImage


荒波

好天気で広い太平洋、東シナ海に海の青さを表現できればヨシ!としようと撮っていました。

ファインダーから眺めていると、断崖ちかくの荒波が、まるで溶岩のように 海が ”うねり” 波になり絶壁に 打ちつけられるさまにひきつけられました!!

超広角レンズ

NewImage波が左右に揺れています。 NewImage波が広くうねっているのが分かります。 NewImage手前の岸壁NewImage

望遠レンズ

EF–S55–250mm F4–5.6 IS
もっと近くによりたい!望遠レンズしかないですよね。

小さい岩がポツリNewImage幾度となく大きな波に飲み込まれていきます。 NewImageこのポールのような形も自然と荒波にもまれてなったのでしょう。 NewImage人間が立ち寄れないところです。 NewImage永遠と繰り返されて、この岩はいずれ侵食され無くなるかもしれません。 NewImage

私はこのように人の大波にもまれたくはありません!すぐに折れちゃいます(笑)

少し移動してみます。

標準レンズ

EF-M15-45mm F3.5-6.3IS STM

望遠では近すぎるので、標準レンズに切り替えてみました。

先ほどの水平線が丸く見えた写真の岸壁側です。

NewImage

大海原に向かって波がうねっていきます。

NewImage

地球が、海を ”ゆったり” と揺さぶっているようで、何事も小手先ではできないな〜 と感じました。

NewImage

超広角レンズ

いつもだと泳ぎたくなる透明感のある浅瀬も荒れています。

NewImage

ここの浅瀬でこれまで波がうねるさまは初めてみました。

NewImage

ボーッと眺めていると時間がたつのを忘れてしまいます。
NewImage



使用レンズ

左から一眼レフのEOS 60Dの望遠レンズ、ミラーレスのEOS M3の超広角レンズ・標準レンズです。

 NewImage

小さなEOS M3に望遠レンズをつけたら大砲みたいですね。

Canon レンズマウントアダプターで一眼レフの60Dのレンズが利用できます。

NewImage

まとめ

結果的には超広角レンズでの撮影予定から望遠レンズ、標準レンズを使い分けながら、大自然を撮れて更に写真の醍醐味が増し、勉強になりました。

修行中の私のレベルで、皆さんへ辺土岬の良さが伝わったでしょうか!?

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

Canon EOS M3 ダブルレンズキット2 レビュー 小いさなカメラだけど、楽しい!頼りになるヤツ! Canon EOS M3に必需品!電子ビューファインダーを紹介します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください