Amazonのタイムセールをチェック♪

iPad mini6(セルラーモデル・256GB)を購入、テニスコーチの活用法

購入しましたが、まだiPad mini6は届いていません(10/19頃予定)。まちどおしい~

スペックやレビューは他のかたにおまかせして

ジッジ
ジッジ

iPad mini5と iPad Pro11インチ(2018)利用からiPad mini6のテニスコーチとしての活用法について説明しますね。

iPad mini5を使ってからは趣味の写真、手帳、読書での利用ですぐに気に入り、iPad mini6は指導での活用に期待し購入です。

iPad mini6の購入理由

テニスコーチもしていて、レッスン時に iPad Pro11インチ(2018)を活用しています。

通常のメールやLINEでの連絡、SNS、生徒に画面を見せての指導に便利です。

11インチで画面が大きいのは良いのですが、コート上では重く、小回りがきかない感じで活用頻度が上がらないのがネックでした。

それでiPad mini6はすぐに活用ができる、と思いましたね。

11インチ比べると大勢に見せるには画面が小さいのですが対一人だと問題ありません。

利用頻度を上げることを優先し、画面サイズがiPad mini5より一回り大きくなったiPad mini6のサイズに期待です。

またiPad mini5はセルラーモデルでストレージ容量64GBでしたが、iPad mini6はセルラーモデルで256GBにしました。のちほど理由を説明しますね。

iPad mini6に期待すること

レッスンでの主な利用方法

コート上でiPad Pro11インチより軽くなることで活用しやすくなります。

  1. 生徒の動きやフォームを撮影して見てもらう。
  2. 見本となるテニスプレーヤーの写真や動画を見てもらう。
  3. コートPDFにボールの軌道等のラインを書いて説明する。
  4. 生徒の試合等で気が付いた点をメモしアドバイスする。

立ちながらの講習会等でメモと撮影ができる

iPad Pro11インチだと座学でのメモで利用していましたが、立ちながらの利用には重くてむいてませんでした。

オンコートでの講習会ではiPhoneで写真や動画を撮影、紙にメモする。iPhoneのポケットから出し入れが面倒でした。

それがApplePencilでメモをとりながら撮影ができます。

そのまま外出先でのスキマ時間を使いGoodnote5アプリでレポートが作成できます。

同じく隙間時間でVlogの編集に使いたいですね。

ApplePencilも第一世代だと充電を気にしなければなりませんでしたが、第二世代だと磁石でくっつけると同時に充電できるの気にならなくなります。

iPad mini6でセルラーモデルを選定

外での利用が多いのでセルラーモデルを選定しました。また以下の理由もあります。

iPhoneでテザリングも考えたのですが、iPhoneバッテリーの持ちを気にせず使える。

Youtube Premium(プレミアム)の活用で接続のひと手間をかけたくない。

メモ等をとりながら、メールやLINEの確認もできる。

iPad mini6のストレージ容量の選定

レッスンで動画等を頻繁に利用することから256GBにしました。

64GBにしてSSDの併用も考えたのですが、別途購入での費用やSSDを持ち歩くことを考えると256GBがシンプルに扱えるからです。

中間の128GBがあれば、良かったのですがね。

その他の活用について

他の競技も動きもテニスの参考にしたいので、広角レンズになったiPad mini 6で撮って勉強したいです。

遠征や合宿時にiPad mini6から写真や動画をテレビ等に映してでの指導を考えています。

まとめ

iPad mini6は写真や動画も活用できる「手書きのメモ帳」です。

ジッジ
ジッジ

立ち仕事やスキマ時間にiPad mini6を使い。

長時間の場合はMacBookPro 13の利用が一番です。

テニス以外にも指導をされている方々の参考になれば嬉しいです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください