\ 最大10%ポイントアップ! /詳細を見る

iPad mini 6には「MOFT Xスタンド」と「dripのペンフォルダー」のセットが超便利!

こんにちは。ジッジ(@hub11)です。

ジッジ

毎日使うiPad mini 6を快適に使うアクセサリーにやっと出会えました!

使うアクセサリーは次の二つ、背面の「MOFTスタンド」と「ペンフォルダ」

MOFTはいくつか種類がありますが、以下の商品はiPad mini 6のサイズにピッタリです。

dripのペンフォルダーは販売と同時に完売するほどの人気ですから、再販日を教えてくれるようにメール登録しておいて開始時間を狙って購入しましょう。

目次

iPad mini 6が快適に使えるようになる

このセットで主に以下の5つの点で使いやすくなります。

  1. iPad mini 6を軽量で使える。
  2. iPad mini 6をすぐに操作ができる。
  3. iPad mini 6を手で持ちやすくなる。
  4. iPad mini 6は縦と横のスタンド機能がある。
  5. dripのペンフォルダでApple Pencilを固定できる。

①iPad mini 6を軽量で使える

iPad mini 6本体のみが297gで「MOFTスタンド」と「ペンフォルダ」ペンシルを含む重さは408gなので重量を気にしなくても良いですね。

ESR iPad mini 6ケースの利用時487gでしたから79g更に軽くすることができました。

本体の保護ができなくなりますが、購入してから落としたことがないので、手で持ちやすくなるメリットを取ることにしました。

また買い替え時に高く売れるように傷防止でカバーを付けるのですが、iPad mini 6は使い倒しますので多少傷が入ってもヨシ!とします。

②iPad mini 6をすぐに操作できる

ケースを付けていないで、すぐに操作ができます。

特に写真を撮るときに表カバーを折り曲げる必要もありません。手にしたらすぐに撮れます。

③iPad mini 6を手で持ちやすくなる

背面を立てれば次のように手で持ちやすくなり安定します。立った姿勢での手書き等も楽ちんです!

 

④iPad mini 6は縦と横のスタンド機能がある

外出先でノートの記事を書く時のお気に入りのスタイルです。簡単に縦横レイアウト変更することができます。

ちなみにiPhoneにもMOFTを付けていますので同じを操作ができ便利ですよ〜

⑤dripのペンフォルダーでApple Pencilが固定できる

dripのペンフォルダーでApple Pencilがバッグの中でもはずれることがありません。

ペンフオルダーに入れた状態でもApple Pencilに充電してくれます。

ペンシルを頻繁に使う時は以下の写真のようにペンフォルダーから外して、持ち運ぶときにペンフオルダーに差し込みます。

デメリット

見かけだけの問題です。

dripのペンフォルダーと二つを付けるとMOFTが少し右によります。少しアンバランスになりますが操作に影響はありません。

dripのペンフォルダーの接着が弱い

dripのペンフォルダーは3Mの両面テープ(予備1枚あり)でiPad mini 6本体に貼り付けますが、接着強度がイマイチで一週間程度で浮いてくるようになりました。

ペンフォルダーの皮と両面テープの間にゴリラボンドを塗ったら強度が増して固定できました。


※iPad mini 6本体に直接ボンドは塗っていないので問題ないと思いますが、剥いで確認はしていませんので自己責任でお使いください。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

MOFT Xの耐久性はこれから確認

今のところ大きなデメリットはありません。

こちらもiPad mini 6本体との接着は両面テープですので耐久性が心配ですが、不具合があれば追記しますね。

まとめ

iPad mini 6をほぼ裸族のように使え、紙のように扱う使うことができます。

ジッジ

シンプルなアクセサリーでiPad mini 6の使い勝手良くすることができました。

ぜひ、ぜひ使ってみてください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事が役に立ったらご紹介ください!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

沖縄在住、1960年生まれの60代、技術系サラリーマンで孫からジージと呼ばれているので名前がジッジ
愛車スペーシアベースが書斎・ドライブ・旅やキャンプ好きが使うガジェット、沖縄ネタを紹介します。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次