Misfit Rayを購入して一週間、手軽さに納得、おやじにも似合うぜ

こんにちは。Oyajin(@hub11)です。

ウェラブル(身につけて持ち歩ける)活動量計については以前から興味があったのですが、時計つき活動量計は今持っているG-SHOCK電波ソーラーでアナログ針に満足しているし、

活動量計の内容についてはランニングはNIKE+アプリ、 iPhoneを持ってない時は万歩計、睡眠は

Sleep Meister – 睡眠サイクルアラームアプリで計測できるし、

充電が面倒くさいからいらないな!

それよりApple Watch の駆動時間が伸びれば買いたいと思っていました。

そんな私の物欲を刺激したのは

Misfit Rayの「充電不要、防水、軽さ&デザイン」私が必要としている計測データが一致したからです。

Misfit Rayの機能で1番気に入ったのは、充電せず最大約6ヶ月(※使用状況により異なる)電池交換タイプ(ボタン電池3個)で、本体重量8g、50m防水ですので24時間身につけてます。

寝るときは時計は外しますが利き腕に付けて身軽さは快適です。

計測機能

歩行だけではなく家事やデスクワークなど、その他の活動も測定し、1日の総消費カロリー表示してくれますし、距離、睡眠の質と時間が把握できるので、今まで使っていた、万歩計とSleepMeisterアプリも必要なくなりました。

万歩計を日々ズボンのポケットに入れる、アプリを寝る前に起動する日々の習慣、万歩計を時々どこにおいてたか忘れて(^_^;)探す必要もなくなりました。

朝起きた時にMisfitアプリを見て睡眠状態を確認したり、会社でのデスクワークでは運動状況をみて目標達成に向けてもう少し歩いてみようとか、夕方からのランニングのモチベーションを上がります。

image

平日の数値です。もっと動かなきゃ!

image

 

アプリ内で活動内容を編集できてランニング、ウォーキング、スイミング、サイクリング、ヨガ、バスケットボール、テニス、サッカー、ダンスに変更できます。

上の画面から下に移動すると活動量が表示→編集画面で右にスワイプすれば他の活動内容が選べます。

image

バイブレータ機能

iPhoneをバッグに入れても振動で電話の着信通知、メッセージ(SMS、MMS)教えてくれます。

パソコン相手の仕事で重宝しているのがMisfit Move機能(長時間動きがないと運動を促す機能)で(私は1時間設定)と動け!と振動立って軽くストレッチしたりします。



LINKアプリで活用範囲が更に増える

Misfitアプリとは別にインストール要(無料)

image

IFアプリ(IFTTT)で睡眠状況と活動状況をEvernoteに転送させています。

トリプルタッチ(金属の部分を3回タッチ)の機能の指定ができ、カメラアプリのシャッターボタン、音楽リモコン、プレゼンクリッカー、BOLTスイッチ(別途購入ライトのON/OFF等)の種類があり私は音楽リモコンの次の曲の設定を指定してます。

image

 

Misfitアプリに既に搭載されている電話・メッセージ通知機能に加え、今回LINE等の通知機能が新しく追加されました。Misfitアプリ内の”デバイス”より、LINE、GMAIL、SKYPEそれぞれの通知をON/OFFすることができます。アプリに着信があった場合、RAY・SHINE 2がバイブレーションとLEDの光でお知らせします。
Misfitサイトより

※本機能をアクティブにすることで、通知数により従来と比べ電池の寿命が約5~30%短くなります。

実はこのバージョンアップが購入を後押した点です。 →7月4日のアップデートで設定が可能になりました。 私はFacbookMessenger、Gmail、LINEを設定、問題なく使えてます(^-^)

設定画面

slooProImg_20160721140828.jpg

次にアプリの通知画面から選択します。

slooProImg_20160721140824.jpg




ヘルスケアアプリとデータ連携

MISFITとヘルスケアアプリとの連携ができますので設定しましょう。
ヘルスケアアプリ→ソース→Misfitで次の画面が出ます。
MISFITにデータ書き込み許可で体重だけは他のアプリでヘルスケアに転送かけてるので試しにオンにしてます。
MISFITにデータの読み出し許可は全てヘルスケアに転送できるようします。
image
MISFITの歩数とiPhoneの歩数がダブルカウントされないように念のためiPhoneの [設定]→ [プライバシー]→[モーションとフィットネス]にて、フィットネス・トラッキングをオフに設定しました。
image

ヘルスケアアプリ一画面で体調管理ができるようになるのも嬉しいです。
2017/3/9追記 バッテリーが少なくなると電池交換の画面がでます。
それまで、いきなり同期がとれなくなった時に故障かな?
と思いながらバッテリー交換していましたが、これで分かりやすくなりました。
購入時同梱ボタン電池と互換品で約一ヶ月もちます。

改善してほしい点

  1. 体重の記録はできますが、体脂肪の入力がありません。
  2. アラームの設定がワンパターンしかないので、土日起床時間が異なる場合はその都度変更が必要です。
  3. 目覚ましの振動に気がつかない時があります。
  4. 振動の強弱調整ができたら嬉しいです。
  5. 電池が100均等で未販売、電池交換に2分程度手間がかかります。

今後の商品改善に期待ですね。

まとめ

就寝時間が同じなのに睡眠時間が短くなる時があります。
睡眠時間の内容から色々習慣の見直しも必要かも!?
Misfit Rayで1日の総消費カロリーを把握し、食事のカロリー計算をすることでダイエットも効率的にできそうです。
良い買い物をしたと思うので、楽しみながら数値と体調の変化を確認していきます。

追記

2016.9月からMisfit Rayは妻の手首にあります。(^_^)
私は、ランニングが本格的になり、ランニングウォッチ GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 235J を購入して
Ray以上のランニングデータ、心拍計測、ライフログがとれるようになりました。
ランニングウォッチ ガーミン 235J (GARMIN) レビュー(基本機能編) ガーミン 235J (GARMIN)を2年使った私がオススメする理由をまとめたよ Rayの利用者変更の場合、アプリにログインして、デバイスの項目「デバイスの削除」をタップして削除。この操作でRayと今までの利用者の連携を解除。あとは、使いたい人にアプリインストールして新規登録でOKです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください